2009年9月アーカイブ

模型業界もあまり明るい話題を聞きませんが、2009夏のワンフェスでもちょっと見かけた3D出力サービスについて覚え書き程度に書いておきます。
そもそも3D出力サービスとは、3DCGで作ったデータを3Dプリンタや3Dプロッタで立体に起こしてくれるサービスのことです。
島国大和さんのblogでは、自作のウルトラマグナスを出力してもらった例が紹介されてます。ただちょっと表面ガタガタなのは3Dプロッタでの出力だからみたいですね。これじゃあ金はらわねぇ!とか言いそうな頭目の声が聞こえそうですが^^; でも完全変形できたりするし。ちなみにコレが2年前の話。

※個人向け3DプロッタはローランドのMODELAが有名です。要は削って形を出す工具のこと。対して3Dプリンタは樹脂や石膏の粉を固めて形をつくる工具です。なんと198万から入手可能。しかもABS出力。高ぇ!と言うのも当然でまだまだビジネス用ですからね。ただ350万も出せばローエンドとはいえビジネス用が買えてしまえたり。豪勢な車を1台買うのとあんまり変わらない気もしますね・・・・。

さて、では現在の出力具合はどうなのでしょうか?丸紅がプロデュースしているDimensionシリーズはこのくらいの製品を吐き出します。東京マルイの銃なんかもありますね^^; 世界初のフルカラー3DプリンターZPrinter 450 Systemはこんなかんじです。このフルカラー3Dプリンターは900万ほどしますが、株式会社ツクルスではこれを使った出力もしてくれます。

でも3DCGなんてやったことねぇって人もいるにはかもしれません。しかし定価40万〜30万ほどのMODELAには、自分で作った原型を読み込ませて、3DCGのデータに変換してから、出力するという3Dスキャナー機能が備わってますので、努力次第ではどうにかなるかもしれません^^; もちろんもっと高精度の3Dレーザースキャナーもありますしね(高いですが^^;)

このまま少子高齢化がますます進んで、模型人口が先細りになっていったら、将来模型屋にはこういう機械が置かれて、デジタルデータを購入したうえで3D出力をしてもらうようになるんではないかな〜、と妄想しています。まだ出力スピードは遅いので大量生産には向きませんが3Dスキャナーと3Dプリンターが揃ってる店では、「腕とれちゃった〜」と駆け込んでも残っている反対の腕をスキャニングして左右反転のうえ出力して「はいもとどおり〜」なんて出来てしまうのではないかとわくわくしてるんですよねぇ・・・・。定年退職の20年後にどんな造形生活が待ってるのかと思うと・・・・楽しいような寂しいようなそんな感慨を覚えます。
もうすぐWeb申請の申し込み〆切になります。モササさんが版権申請する、とのことなので、かなりの確率で2010夏の参加はペナルティの可能性が高まってまいりました。何せ元締めのくせに本申請の〆切知らずにいましたので・・・・・・orz

というわけで本申請の〆切は10月23日(金)です。しかも事務局必着。できるだけ完成・塗装済みが望ましいですが、最低限すべてのパーツが仕上がっている状態の写真をモササさんに提出、ということになります。申請事務作業に余裕をもたせるために、モササさん以外のメンバー10月19日(月)をサークル内〆切とします。日程を考慮しつつ作業にあたってください。

このアーカイブについて

このページには、2009年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。