2011年11月アーカイブ

レプリカントEX2にあさの氏が書いていましたが、ワンフェスの変容については自分でも少し記録して置きたいと思います。

自分はそもそも売れ線を狙える作風でもないしワンフェスは「お祭り」的に楽しむ方です。ワンフェスらしさ、ってのは『こ、こんなモノを良く作りましたね!?』と言われることだと思ってましたので、今までの活動には充分満足しています。例えば、ずっとモササさんが落とし続けた『桜姫』もオイラが小さいのを作って完売したと思ったらあれよあれよと言う間にあちこちのディーラーが作り始めました。『あきら先生』を始めた後、竹書房や芳文社の地味な4コマ漫画のキャラが少しずつ増えた(けいおん!除く(笑))のも、記憶に新しいです。

しかし、少しずつ感じた違和感は、特にあきら先生やあつむを作って感じたことは、「あっ、この漫画大好きなんです〜」って人はいるのに「でも塗れないからな〜」と諦めてしまう人の多さ。初期ガンプラ世代の我々なら(これを機会に作ってみよう)と思うだろうと想定してるのにそれがあっさり覆ってしまうこと。コレにつきます。まぁ現在のガンプラはほとんど塗装が必要ないですし、塗装がすでに高いレベルの技術になってしまっている昨今では仕方ないことかも知れませんが、ワンフェスという日本で一番濃い場所ですら、そうなってしまったことに一抹の寂しさを感じます。

4月まで住んでいた街の模型屋さんは相変わらず四苦八苦してます。ダンボール戦機のアキレスが発売当初で100万個超えて、オーディーンはその倍売れたとかいう景気の良い話も聞こえますが、販売チャンネルが多様化している今では、模型店が潤わずバンダイだけがほくほくしてることでしょう。ダンボール戦機のプラモはコンビニ、大手電気店、大手量販店、果ては本屋にまでありますからね。しかもシールで済ませ塗装しない人は模型屋にいく必要ないですし。しかも今度のガンダムAGEは塗装済み完成品とプラモと両展開。ただしゲーム連動は塗装済みの方...ってキット売る気ないんじゃん、って商品展開だったりしますし。

初期ガンプラ世代はもう40〜50代になってしまって、その下の世代はプラモを作る技術も道具も無い。完成品なら余計なゴミも出ないし、ラインナップも豊富だから欲しいものは買えばいい、のであって、売ってないから作る!というモチベーションは必要とされません。オークションでは市販されないブツもいろいろ出ますしねぇ。ただ、やっぱり「作る側」としてはそれでは寂しい。僕らのようなアマチュアディーラーはモノ作りの端くれとして、大手が作りそうも無いモノを作り続けるべきなのだと、やはりそう思います。あさの氏の言う「版権ものの一切無い創作物のみのワンフェス」ってのは見てみたい気もしますが、完全オリジナルって...難しいですよ、自分でデザインすると作りやすさを優先しちゃうし...。


このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2011年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。